網張温泉ビジターセンター周辺で遊び倒す4つの方法+1

網張温泉ビジターセンター周辺で遊び倒す4つの方法+1

初夏の網張温泉周辺を日帰りで満喫してみた

網張温泉は温泉とスキー場のみといったイメージでしたが(個人的に)初夏に行くのも悪くはないですね。むしろ混雑もせずに遊べるのでおすすめの季節が初夏~かな?と思いました。

この記事では初夏の網張温泉を楽しむつの方法を実体験からご紹介していきます。

網張温泉ビジターセンターが楽しい!夏休みの自由研究の材料も発見できるかも!?

網張温泉ビジターセンターは岩手山や八幡平の自然の魅力を発信しつつ自然とのふれあい体験ができる施設。入場料金無料で入れます。場所は温泉施設と隣接していますのですぐわかると思います。

思ったよりモダンな感じの館内。開放的な作りで岩手の自然のあれこれを学ぶことができます。椅子がおしゃれ。

岩手山に生息する昆虫の標本も飾ってアリ、夏休みの自由研究の役に立ちます。

岩手山の自然に関する書物が所せましと並んでおります。オシャレな椅子でじっくりと読書も楽しいですね!

網張の森のシンボルマークのモモンガ(のぬいぐるみ)

登山グッズが所せましと並んでおります。登山に興味がある人はここで知識を蓄えておくのも一つですね。館長さんも良い人ですので色々な知識を教えてくれますよ。

2018年5月現在岩手山の花の写真を展示しております。

テラスにはウッディなベンチがあります。

こんな感じで岩手山に生息する山野草の情報が得られます。

情報量だけでもかなりのボリュームがあるビジターセンターですが、本気でじっくりと楽しむとここだけでも一日つぶせそうな感じですね。他にも岩手山が噴火した場合のハザードマップや生息する獣の情報などがありますので、気になったら立ち寄ってみてください!

網張温泉キャンプ場は手ぶらでOKなキャンプ場!?

網張温泉ビジターセンター付近にあるキャンプ場ではキャンプ用品一式貸し出しているため、手ぶらで遊びに行けるのが嬉しいですよね!

キャンプと言うのはテントなどの準備が億劫な上に片づけまで・・という私のように面倒くさがりには苦行のようなアクティビティなのですが、用具一式貸し出しなので身一つでキャンプへ・・なんてことも可能。

詳細につきましては網張温泉休暇村へお問い合わせください⇒TEL:019-693-2211

夏でも温泉が気持ちいい!開放的な日帰り温泉を満喫

温泉といえばちょっと寒い時期が気持ちいいと思いますが、暖かい時期の温泉も乙なものです。晴天の中露天風呂で全裸になるというのは開放感が最高で(変な意味ではない)大自然と一体化できる感覚は岩手の山奥の温泉だからできる事。

また網張温泉周辺はうっそうとした森では無く、眼下に広がる雫石の町をパノラマビューで贅沢に味わえる環境なのがおすすめポイントの一つ。

もちろん宿泊してじっくり温泉を満喫するのもおすすめですよ。

⇒網張温泉宿泊予約はこちら

実際日帰り温泉を楽しんできたブログ記事はこちら

⇒網張温泉日帰り入浴に行ってみた詳細やアクセス情報

遊歩道散歩はトトロが出てきそう・・

2018年7月下旬まで工事中のため一部が封鎖されている遊歩道ですが、ちょっとした散歩程度なら行けます。

個人的には今回吊り橋目的で遊歩道に行ってみたんですが、残念ながら封鎖されており通ることができませんでした。

しかし、ビジターセンターから遊歩道に入ってすぐの場所には森に佇む雰囲気のある神社がありそこも一つの見どころかと思いましたね。

トトロが出てきそうな遊歩道。新緑の時期だからこそ楽しめる雰囲気にわくわくします。

遊歩道入口。ハルゼミが鳴いております。ちょっと早い夏休み気分。

ひっそりと森の中にある神社。網張温泉薬師神社というそうです。


 絵馬も飾られていました。ひっそりとしている割(失礼)には絵馬の数が多く、きっとご利益がある場所なんだな~と感じました。

おまけ、天空のベンチがおそらく日本一壮大なベンチ

見出しで何言っているのか自分でも迷子なんですが、山奥にベンチきっと神様のベンチなんですね。

場所は網張温泉から数百メートルほど下山した付近なんですが、気になる人は探してみてください。ぽつんと置かれたベンチには思わず座ってみたくなるはずです。

個人的には写真撮影に適したスポットだと思います。

雫石町カテゴリの最新記事